File.03

麗加の家・下野まちさんぽ

Handmade Sango-Papa 食べられないケーキ屋さん 井ノ上 京子さん

ひとつ、またひとつ。ちいさな縁起物に想いをこめた針仕事

本物も顔負け?!のフェルトケーキ

石橋、横塚児童公園わき。穏やかな雰囲気の住宅街にアトリエを構えるフェルトギャラリー、『Handmade Sango-Papa』。ショーケースに並ぶケーキ達は、どれもが一つ一つ丁寧に作り込まれ、思わず見とれてしまう。

フェルトの小物制作を始めてもう14,5年が経つという井ノ上さん。もともとは、こどものおままごとのために作りはじめたのがきっかけだという。

家の新築をきっかけに、アトリエ兼ギャラリーとしてOPEN。今ではフェルトの作品ほか、公園に来るこども達のために、駄菓子や文具等も取扱い、いまでは地域の憩いの場になりつつある。

子ども達にはすっかりおなじみの『駄菓子屋さん』。決して子ども達相手にお店を開けるのは楽ではないけど、少しでも心の寄りどころになれば、と思っているそう。

大人も、子どもも、レトロ&ポップにレイアウトされた楽しい店内を覗くと、すっかり魅了されてしまう。休日や放課後はこどもたちでいっぱい。

『たべられないケーキ屋さん』そう看板に銘打っても、本物のお菓子屋さんと勘違いされることも。

ストラップなどの可愛らしい商品から、プレゼント等に人気のケーキ小物なども予約注文で受けつける。

店内のディスプレイやPOPにも注目。レイアウトセンスの良さが光る。商品の陳列はご主人が担当。

お店の情報

■ このお店の詳細

所在地 下野市下古山2丁目3番地10
お問合せ先 0285-53-6824
取扱商品 フェルト製ケーキ/ケーキのような小物/携帯ストラップ/文具/駄菓子/木工品(ままごと用ミニキッチン、ティッシュBOXケース、コレクションケース、木製棚、その他)

この記事に関するお問合せはこちら

掲載中の文章・写真および動画の無断転載を禁じます。 Copyrigt© 麗加の家 All rights reserved.